フライト前に食べてはいけない食べ物5選!意外な食べ物も!?

2017年06月21日

飛行機の狭い空間の中で長時間いる間で最も耐え難いのは、空腹です。

ですが、空港で提供される機内食は気圧の関係で塩分が高めの料理が多いので気をつけなければいけません。

そこで今回は、フライト前に食べてはいけない食べ物、飲み物を紹介します。

 

 

飛行機に乗る前に食べてはいけない食べ物

緑色野菜

緑の野菜を摂取することは大事ですが、機内ではブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、豆、アーティチョークといった野菜類は避けたほうがいい。

これらは腸で分解されない糖質の割合が非常に多いからだ。このように分解されなかった野菜類は腸の負担になり、体調に影響されてしまう。

もちろんビタミンが豊富で、日常の食生活には必要だが、気圧が低く、さらに動くこともできない場合は、腹部肥満感、あるいは腹痛を起こしてしまう。

これは飛行機に乗る前に摂取しても同じ症状になってしまう。

 

ポテチなどのスナック類

飛行機に乗ると味が濃いお菓子ほど美味しく感じますよね?ですが、塩が多く入ったお菓子ほど、摂取してはいけないのです。飛行機の高度が高くなると、舌の感覚が鈍くなってしまいます。そのせいで航空会社では旅行客の口を満たすために、機内食の味を濃くしています。知っていましたか?

しかし、こういったことで水分の排出が抑えられて、血圧が上がってしまうので、高血圧などの人は注意が必要です!

 

コーヒー

機内ではCAさんが「コーヒーまたはお茶はいかがですか?」と、カートを押して尋ねてきますよね、コーヒーなどのカフェインの誘惑が押し寄せてきますが、実はできればカフェインの入った飲み物は避けるべきです。

コーヒーは脱水症状だけでなく、睡眠サイクルを妨げてしまう利尿作用まで起こしてしまいます。

このせいで、トイレと席の頻繁な往復と、到着後体のだるさを感じてしまいます。さらに、気圧差のせいで100度で沸くべき水が、機内では90度で作られるので、コーヒーの味が少し変わってしまいます。

 

炭酸飲料

 

僕もコーラなどの炭酸が大好きなんですが、機内では消化が遅れてしまう最悪の飲み物です。

胃にガスがたまり、不快感を感じてしまいます。炭酸飲料は糖度が非常に高く、これも睡眠を妨害してしまいます。

それでも炭酸飲料が飲みたいのなら、ジュースではなく、炭酸水や、シャンパンなどを飲むことをお勧めします。

アルコール

機内ではLCCではない場合、ビールなどが飲み放題なので、ついつい飲みすぎてしまいますよね。

コーネル大学で行われた研究結果によると、機体の騒音が甘さを感じる味覚を抑えてしまうので、濃い味を求めてトマトジュースのような甘くてコクのあるようなものを頼む利用客がたくさんいます。

そのため、機内でも最も人気のあるお酒がまさに「ブラッディマリー」なのです。

しかし、アルコールは脱水症状を起こしてしまうので、リラックスするためにアルコール飲料を飲んだ場合、その二倍の寮の水を摂取するようにしましょう。

 

 

長距離フライトで疲れた胃を癒してくれる食べ物

ライム

一杯の水にライムを一絞りして飲んでください。リフレッシュしてくれるだけではなく、ライムに含まれるクエン酸の効能によって、疲労回復にもつながります。

 

高タンパクな食べ物

ドライフルーツやナッツ、ピーナッツバターや、チキンサンドのような食品は、満腹感を与えてくれて、飛行中の食欲を抑えてくれます。

 

フルーツ

フルーツは免疫を増やしてくれるビタミンCと水分が豊富です。

オレンジやスイカは機内食でもよく提供されて、空港でも簡単に手に入るのが長所。スイカは、抗酸化効果に優れ、フルーツの中でも水分が多い部類に入るので、機内で食べるフルーツに最も適しています。

ただし、糖分も高いので、3、4切れぐらいを摂取して、それ以上は控えるようにしてください。

 

 

 

-トラベルハック, 旅知識

記事を共有

最後まで読んで頂きありがとうございます。

こちらの記事をシェアして頂けるとモチベーションが上がります! 今後も役に立つ、面白い記事を配信していきますのでよろしくお願いします!